読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++/CXとは

C++/CXとは...
とりあえず,CXはComponent Extensionsの略らしい.

Wikipediaにも載っていない謎言語.
「C++/CX」を作成中 - Wikipedia

と,思ったら,Windows Runtimeの項目に書いてあった.
Windows Runtime - Wikipedia
以下引用.

新しいC++/CX (Component Extensions) 言語はいくらかのC++/CLIの文法を借用しており、WinRTのコンポーネントの作成や組入が可能である。C++によるクラシックなCOMプログラミングと比較してより少ない糊付け作業ですみ、C++/CLIと比較して課される制約がほとんどない (on the mixing of types)。通常のC++(COM準拠の規約つきの)も新しいtemplateライブラリの呼び出しによってWinRTコンポーネントのプログラミングが可能である。[5] Windows Runtime C++ Template Library (WRL) はATLが提供する機能のCOM版である。[6] しかしながらMSDNでは WRLの利用ではなくC++/CX によるプログラミングを推奨している。[7]

ふーん...

Windows Runtimeとは...
C++/CLIとは...

つづく..