読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++を使った初めてのMetroスタイルアプリでRSSリーダーでもつくってみなよ その1

まー,よくわかんないけど,とりあえずチュートリアルをやりましょう.

チュートリアル: C++ を使った初めての Windows ストア アプリの作成 (Windows)
これね.

プロジェクトの作成

上から進んでってー,

  • Metroスタイルアプリプロジェクトを作成するには

でプロジェクトを作成.

プロジェクト名は「RingoBlogReader」にしてやった.

Windowsフォントきたねーなー.

初めてのソースコード

xamlってAndroidのレイアウトに使うxmlみたいなもんかー?

そして,いきなり見慣れないコード.

partial ref class MainPage : public Windows::UI::Xaml::Controls::Page… {…}
  • refキーワード

ref キーワードは、クラスが Windows ランタイム参照型であることを示します。

型なんだね.

  • ^

"^" 記号は "ハット" と呼ばれ、"オブジェクトに対するハンドル" を表します。動的メモリで Windows ランタイム型を作成するときに、"*" の代わりに使ってください。

こういうふうに使うらしい.

Grid^ grid = ref new Grid(); // or: auto grid = ref new Grid();
grid->Width = 600;
  • partialキーワード

partial キーワードは、このクラスの宣言が別のコード ファイルで続くことをコンパイラに伝えます。MainPage.xaml.h がそのファイルです。 プログラマが変数または関数を MainPage クラスに追加する必要がある場合は、MainPage.xaml.h と MainPage.xaml.cpp に追加してください。

まとめ

  • refキーワードはWindowsランタイム参照型
  • ^はポインタみたいなもん
  • partialキーワードはよくわからんが別のファイルで宣言がつづくらしい.


つづく.