読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OSX docker のセットアップ

今更、書くことでもないが。 基本的に公式ドキュメント見ればいいと思う。

VertualBoxが必要なので、予めインストールしておくとよい。

インストール

インストールは homebrew でサックっと行う。

brew update
brew install boot2docker

OS起動時に起動設定するので、書いてある通り実行する。

To have launchd start boot2docker at login:
    ln -sfv /usr/local/opt/boot2docker/*.plist ~/Library/LaunchAgents
Then to load boot2docker now:
    launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.boot2docker.plist

環境変数の設定

今までは

export DOCKER_HOST=tcp://192.168.59.103:2376
export DOCKER_CERT_PATH=${HOME}/.boot2docker/certs/boot2docker-vm
export DOCKER_TLS_VERIFY=1

を書いてたけど、

shellinitコマンドができてから、

eval "$(boot2docker shellinit)"

でよくなったみたい。

これだと、毎回シェル起動するたびに Writing ~/.boot2docker/certs/boot2docker-vm/ca.pem みたいに出てきてうざいので、少しアレンジして以下の行をrcなどに追加するとよい。

eval "$(boot2docker shellinit 2> /dev/null)"

ただ、毎回Writing~も実行されてるっぽくて気持ち悪い場合は、最初のexport形式に戻すことになる。

実験。

$ time (eval "$(boot2docker shellinit 2> /dev/null)")
( eval "$(boot2docker shellinit 2> /dev/null)"; )  0.05s user 0.04s system 38% cpu 0.244 total
$ time (export DOCKER_HOST=tcp://192.168.59.103:2376 && export DOCKER_CERT_PATH=${HOME}/.boot2docker/certs/boot2docker-vm && export DOCKER_TLS_VERIFY=1 )
( export DOCKER_HOST=tcp://192.168.59.103:2376 && export  && export ; )  0.00s user 0.00s system 61% cpu 0.001 total

exportのほうがいいね。